早漏防止薬を通販で購入する方法

早漏防止薬を通販する方法

早漏防止薬は、原則として医療施設で医師や薬剤師から処方されなければ購入することができませんが、薬事法で規制範囲内なら、個人輸入代行サイトによる通販で買うことができます。

通販で購入する場合には、注文した薬は他人に知られないように梱包されて購入者宅に届きますので、家族や同居人、配達員に知られる心配は全くありません。

その際には、リドカイン等含有量等副作用や有害成分がないかをよくチェックして、自分に適したものを選ぶようにしましょう。
もし間違って悪徳業者から購入した場合には、使用期限の切れた製品が届けられたり、支払いでトラブルが発生したり、最悪の場合には不良品が配達され使用後に皮膚に炎症を起こすことも考えられます。

そうならないためには、製造業者や販売業者、流通ルートなどを確実に認識してから購入するようにしましょう。

自分に合った早漏防止薬を選ぼう

世界60ヶ国で使用されている早漏防止薬は多数種製造されており、内服薬、直接陰茎に塗る薬、コンドームの内側に塗る薬、またサプリメントなど様々です。
自分自身の健康状態に合ったものを選ぶようにして、タイミングによって使い分けるのもオススメです。

ところが医薬品の認可に時間がかかる日本では、まだ購入することができません。
もしほしい場合は、個人通販個人輸入代行サイトの通販で買うことをオススメします。

早漏防止薬を通販で買う

一番人気の早漏防止薬「プリリジー」

一番人気の早漏防止薬「プリリジー」

プリリジーは、世界で初めて早漏改善に効果があるとして認可された世界初の早漏防止薬です。

この薬は脳内を沈静化し射精時間を長くしますが、平均して射精時間は3~4倍にまで延びることが実証されています。
セックスの1時間くらい前の服用から30分ほどで効果が出てきます。

効果の持続時間は3~4時間です。
食前食後等の服用のタイミングを気にする必要がなく使いやすい薬ということも、人気が高い理由の一つでしょう。

この薬をアメリカ人の2つのグループ(郡)で臨床試験を試みました。
12週間セックスの都度服用したところ、30mg服用郡では、膣内へ挿入してから射精までの時間が平均1分未満から3分を超え、60mg服用郡では、平均1分未満から4分を超えました。
臨床結果から、効果は75%と評価されていて、早漏改善率は太鼓判が押されています。

有効成分のダボキセチンは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の一種で、神経の末端でのセロトニンの再取込みを阻害します。
脳内のセロトニンを高濃度にし、ノルアドレナリンの行過ぎた分泌抑制を促進します。
そして、交感神経のたかぶりを抑え性的な刺激への過敏な状態を改善し、早漏を予防します。

プリリジーを飲んだ人の声

海外通販ということもあり不安もありましたが、問題なく無事に届きました。効果の程はいつもは3~4分程で終わるところ、10分くらい持つようになり、記載されていた副作用なども気になりませんでした。

行為の30分前に半分に割って飲みました。普段は5分くらいで終わってしまうのですが、20分ほど続きました。気持ちの問題もあるかもですが、間違いなく効果はあると思います。 次は、プリリジーのジェネリックも試してみようと思います。

塗るタイプの早漏防止薬「キシロカイン」

塗るタイプの早漏防止薬「キシロカイン」

キシロカインは局所麻酔薬の一種で、有効成分はリドカインです。

早漏の男性はセックスする際に、性器が過敏な状態で射精を自由に制御できないことがあります。
そこでこの薬を陰茎に直接塗ることにより、陰茎を刺激に対して少し鈍い状態にして感覚は今まで通りで射精までの時間をより長くすることにより、早漏を予防します。

感覚を司るNaイオンの働きを抑え、陰茎で受けた刺激が脳神経に送られるのを防ぐ作用があります。
この薬が皮膚や粘膜から浸透し、小さな神経細胞の集合体であるニューロンの表面にあるNaチャンネルに結合します。
そして、Naイオンがニューロンへ入るのを防ぐことで、脳に伝わる刺激が少なくなり陰茎の感度を押さえます。

薬剤の形はいろいろあり、クリーム剤・ジェル剤・ローション・スプレーなど多岐に渡るため、自分自身の好きなものを選ぶことも可能です。
スプレータイプは、セックスの直前に陰茎に直接噴射して使用してください。トイレなどでの噴射も可能です。

ローションタイプは、マッサージをしながら直接ペニスに塗ります。相手の女性にしてもらうと、より親しくなるかもしれません。

キシロカインを使った人の声

あんなに満足そうな妻の顔を見たのは、正直初めてかも知れません。自分だけが満足する性行為とはおさらばしたいと思い使ってみて大成功でした!

別の薬が効かなかったのでこちらに変更してみると、自分と相性ピッタリ!妻が感動するくらいに挿入してあげることができました。

副作用がなく滋養強壮効果もある「早漏サプリ」

副作用がなく滋養強壮効果もある「早漏サプリ」

早漏を改善するサプリメントは多数あります。

代表的なのは亜鉛です。亜鉛は、男性ホルモンの一種であるテストステロンにプラスの役割を果たし、性欲を向上させます。
1日に11mgの亜鉛を摂取すると射精までの時間が長くなることが研究の結果明らかになっています。

その他のサプリメントとしては、セロトニンの原料となるトリプトファンを含んだものが早漏に効果があります。
トリプトファンは、SSRIと同様にノルアドレナリンによる交感神経の働きにブレーキをかけるため、早漏の改善に大きな期待ができる物質です。
さらにこのトリプトファンは、安眠にプラスの効果がありペニスを大きくします。

その他、カヴァは陰茎への血流を良くし、性的な刺激に対する反応時間を後々までじらし、勃起時間を長くする効果を持ち、ハイビスカスエキスはストレスを低下させ性格を明るくし、勃起力を維持し射精を正常にする能力があります。

インドの古代からの医学であるアーユルヴェーダが原典のサプリメントも、身体に副作用が少なく男性機能を向上させ、早漏にプラスの効果が期待できます。
滋養強壮に富み体の調子を整える働きがある成分ばかりなので、早漏改善と同時に健康的にもなれるでしょう。

早漏サプリを飲んだ人の声

勃ちがかなりいいです!持続力もよかったので、個人的には大満足です。彼女も、いつもより元気な僕のムスコに興奮してました。これを飲み始めてから、疲れていようが夜は獣になれます!

こちらのサプリを服用してから性器が以前よりも固くなるように感じます。大きさは変わらないですが精力も増して元気になる感じがします。

早漏防止コンドーム

早漏防止コンドーム

錠剤やクリーム、ジェルタイプのものだけではなく、早漏防止薬の一種として裏側にだけ局所麻酔薬を塗ったコンドームも発売されています。

これは局所麻酔薬が神経線維に有効に作用し、細胞の内側から感覚を伝える物質Naイオンの細胞内へ流入するのを抑制し、神経インパルス(神経線維の中を通る活動電位)の発生と伝わりを抑えることで射精までの時間を延ばす作用があります。
陰茎が刺激を受けても、刺激が脳にうまく伝わらなくなり、刺激の過敏な状態がおさまりますので、挿入から射精までの時間が長くなります。

コンドームは、夫婦や恋人間で避妊のために多く使われていて入手は簡単にできますが、日本では夫婦や恋人間でのコンドーム使用率は50%未満といわれています。
アメリカでは夫婦等で20%未満と低めですが、性に開放的な女性は、50~65%という数字も出ています。イギリスでは、ピルの普及率が高く、コンドームだけの使用率は30%未満です。

早漏防止コンドームを使った人の声

薬が効き始める前にいれてもゴムが厚めなので、なんとかもちます!ジェントルマン的な感じを装えるし、早漏は防止できるし、言うことないですね。使いやすいです。

彼女から泣きながら相談されたので、俺自身が頑張らないとって思って購入しました。使い心地は普通なんですが、いい意味で感じないみたいで、ウッってなりません。これはリピ買いです!!彼女と結婚できるまで使い続けようw

早漏防止薬を通販で買う

安く買いたいなら早漏防止薬ジェネリック

どの分野にも、先発薬という製薬メーカーが長年研究し開発に長時間と莫大な資金を投入して開発した医薬品が存在します。

後発医薬品は、すでに開発された先発薬と同じ成分を含み同じ効果を持ちながら開発費をかけずに済んだため3~7割ほどの値段で提供される医薬品のことで、早漏防止薬にも後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品が存在します。

効果と安全性を同等であると表示すれば、期間や開発にかかるコストが大幅に低減されるのは当然です。
先発医薬品と比較すると価格が安くなるのは当然のことですので、早漏を改善したいけどお金をなるべくかけたくない人は、早漏防止薬のジェネリック医薬品が断然オススメです。

プリリジージェネリックは「ポゼット」が一番人気

プリリジージェネリックは「ポゼット」が一番人気

プリリジーのジェネリックにはダポキシー、デュラティア、プレジャックなど複数の早漏防止薬が世界中に流通していますが、日本で多く出回っているのは、インドのサンライズレメディーズ社発売のポゼットです。

サンライズレメディーズ社は性生活関係の薬品を専門に生産していて、効果の高い医薬品を低価格で販売しています。
かつGNPに準拠した工場で生産しており品質にも高い信頼性があります。

プリリジージェネリックであるポゼットは、プリリジーと同じ有効成分ダポキセチンを含んでいて、射精までの時間を3~4倍に延ばす効果も同様にあります。

30mgと60mgの2種類の錠剤があり、服用量60mgまでを1日1回、性交の1時間前に水またはぬるま湯で服用で十分な早漏防止効果が得られるでしょう。
初心服用者は、30mgから始めてください。
服用効果が出ないと感じた場合は、1日最大90mgまでに留めてください。

先発薬プリリジーとの価格は6分の1ですから、ジェネリック薬品の中では極めて低価格です。
安い早漏防止薬を求めている男性にとっては朗報といえます。

プリリジージェネリックを飲んだ人の声

経験すくなくて早いのが悩みでしたが、試しにオナニーする時にのんでみたら15分くらいガマンできました!これなら本番でも平気そう。

元気のなさが気になる今日この頃。とにかく勇気を振り絞って購入しました。はっきり言ってビックリしました。久々の長時間の持続!!これはありがたい!!

早く効果発現するキシロカインジェネリック

早く効果発現するキシロカインジェネリック

局所麻酔薬であるキシロカインのジェネリックも出ています。
先発医薬品として有名なものは、エムラクリームという商品名で日本の佐藤製薬から発売されている外用局所麻酔薬です。

キシロカインジェネリックは、リドカインとプロピトカインが有効成分となっています。
両成分が混合し液体となると皮膚に透過しやすくなり、薬剤が皮膚から容易に吸収される、高い麻酔効果のあるクリームです。

男性の早漏改善薬としての用途の他、皮膚へのレーザー照射、注射および静脈留置針穿刺(針を刺して内部の液体を吸い取ること)時の痛みを少なくすることにも使用されています。
クリーム剤ですから、塗る箇所の形と範囲に合わせて用量を調整できます。

エムラクリームにはジェネリック医薬品があり、ネオンラポラトリーズが発売中のプリロックスクリームが代表的です。
エムラクリームと同様にリドカインとプロピトカインを含むクリーム剤で、陰茎に塗ると陰茎の感覚が鈍り、射精までの時間が長くなります。

効果は、エムラクリームと同じですが、価格はエムラクリームより40%安くなっています。
またエムラクリームには30gのチューブのみですが、プリロックスクリームには、30gと5gがあり、少量から塗りたい方、携帯用に欲しい方には向いています。

キシロカインジェネリックを使った人の声

これはすごい。とにかくすごい!早漏の自分がこんなにも長く行為に及ぶことができるとは。妻もびっくりしていましたが、自分自身が一番驚いています!

なれるまではじわりと広がる触覚が鈍る感覚が不思議でした。3分持ったことがないやや早漏でしたが、10分程度は楽に持続するようになっています。たまに彼女に痛がられますね。

三大ED治療薬の効果もある早漏防止薬ジェネリック

三大ED治療薬の効果もある早漏防止薬ジェネリック

早漏防止薬には、ED治療薬として有名なバイアグラやレビトラ、シアリスの成分の配合されたものが出ています。
どれも早漏防止とED(勃起不全)改善効果のある複合薬で、1粒で2つの効果が得られるハイブリッド薬です。

スーパーカマグラは、EDに効果があり、バイアグラと同等の有効成分であるシルデナフィル100mgを配合、さらに早漏防止に効果的なダポキセチン60mgが配合されています。
スーパービジェトラは、EDに効果があり、レビトラと同等の成分であるバルデナフィル20g、ダボキセチン60mgを配合しています。
スーパータダライズもEDに効果があり、シアリスと同等の成分であるタダラフィル20mg、ダボキセチン60mgを配合しています。

勃起不全に悩む人の1/3は、早漏の悩みも持っていることをご存知でしょうか。

早漏の主たる原因は、陰茎が刺激に対して敏感になり過ぎていることにありますが、他の心理面の影響も大きくあります。
勃起に時間のかかる人は、勃起後の持続時間を長くするために陰茎に強い刺激を与える癖があるようです。
その結果射精までの時間は短くなりますが、セックス自体は、本人も相手も満足できないどころか早漏も伴うことが少なくありません。

勃起不全と早漏の両方で悩んでいる人向きの医薬品も出ていますので、少しでも思い当たることがある人や心配な人はトライしてみましょう。

飲んだ人の声

妻にナイショでこっそり購入して使ってみたところ、とても満足してくれたようです。種明かしをしたら、実は早くて不満だったと。言ってくれよと思いつつも改善できてよかったです。夫婦生活の不調は夫婦仲にも影響しますからね。

自分でしても2分持たなかった私が今では10分楽勝。昔の自分に見せてやりたいくらいです。セックスが充実すると人生が充実するような気持ちになりますね。

ED治療薬を普通に買おうと思いましたが、どうせならと思い早漏防止効果のある薬を買いました。結果素晴らしい効果でした。副作用で鼻詰まりはありましたが、それを差引いても余りある効果の高さです。文句なくおすすめです!

早漏を克服するための治療法

早漏を克服するための治療法

早漏は、まず内服薬や塗布薬療法、この二つを組み合わせた方法、セックスをしながら改善する方法、トレーニング法(マッサージ)などの治療方法があります。

内服薬には前述のようにいろいろな種類があります。
塗布薬にも軟膏やスプレータイプ、ローションタイプ、コンドームの内側に薬剤が塗布されているタイプなど様々なので、自分に合った薬で効率的に治せます。

早漏を改善するということは、男性自身だけの問題ではありません。
相手女性との良好な関係を築き、永続的に良好な関係を保つために二人で解決しましょう。
このことは、非常に難しい問題で、壁に突き当たることがあるかもしれません。
しかし、壁を乗り越えることにより相手女性との心の絆が深まるのです

内服薬を服用する治療法

日本では、法律で認可されている早漏に効果がある内服液はありません。
海外ではプリリジーという名前の薬剤が承認されていて、ヨーロッパやアジア各国に出回っています。有効な成分は、ダボキセチンでありSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。

プリリジーの服用は、セックスの約1時間前です。
服用後30分で効果が現れ、射精までの時間は3~4倍になり、効果の持続時間も3~5時間と実証されています。

プリリジーにはジェネリック医薬品もありますが、日本での認可はまだなので欲しい人は個人輸入代行サービスの通販サイトで買いましょう。

具体的な作用機序ですが、SSRIは神経の末端においてセロトニンが活発になるのを妨げる作用があり、脳内セロトニンの濃度を高めることで、ノルアドレナリンの働きを促進し、交感神経の働きを抑制する(副交感神経の働きが活発になる)ことで、性的刺激への過敏な状態を改善し、早漏を予防します。

三環系抗うつ薬は、神経の末端においてのセロトニンとノルアドレナリンの両方の進入を妨げ、セロトニンの脳内での濃度を高めるとともに、ノルアドレナリンの過剰分泌も抑制し早漏に効果を現します。

塗布薬による治療法

男性が早漏になる原因のひとつは、陰茎が刺激に対して敏感に反応し過ぎるということがあります。
薬物を塗布し陰茎の神経の働きを鈍くし、射精までの時間を長くします。
錠剤タイプの薬よりも副作用の心配がなく、早漏の改善が期待できます。

よく使用されている塗布剤には、局所麻酔薬であるキシロカインやリドカイン、ベンソガインなどの有効性分が含まれています。
これらが含まれている薬剤を塗布することにより、陰部の刺激に対する感度が鈍くなり、早漏を予防できるでしょう。

局所麻酔薬入りの早漏防止薬は多種類あり、スプレータイプはセックスの直前に直接噴霧します。何分前に噴霧するかは、薬剤により異なります。
トイレなどで簡単に使用できるものもありますので、気軽に使いたい人に向いています。

ローションタイプは、手でマッサージしながら塗るタイプです。
塗るのは相手の女性にしてもらうのも良い方法かもしれません。
またコンドームの内部に局所麻酔薬が塗られた商品もあり、早漏であることを相手の女性に知られたくない男性にはおすすめです。

どの方法を選ぶかは自分自身の生活環境によります。
経済的に負担のかからない方法を選んでください。

早漏防止薬を通販で買う

セックスで改善する方法

この方法は、簡単に言うとセックス療法です。
性体験の少ない男性は、陰茎が刺激される回数が少ないですから、早漏が起こっている可能性があります。
この場合、経験を重ねることによって陰茎を刺激に慣れさせると改善されます。

男性が行う射精という行為には、亀頭の周囲、亀頭冠への刺激が直接関係しています。
そのため早漏の男性は、膣にペニスを挿入する前の刺激に我慢しきれず、射精することがあります。
そのため挿入時の刺激に慣れることがまず必要です。
亀頭部への刺激に慣れてきたら、ピストン運動などにより陰茎全体への刺激に慣れさせます。

一般的には、相手の女性とともに6~10回専門医からカウンセリングを受けながら治療することになります。
専門医は、セックス中に射精をしそうになったときの対処の仕方として、いくつかのアドバイスをします。

その中のスクイーズ法は、挿入直後に膣から陰茎を抜き、亀頭を数秒間圧迫し、快楽のピークが過ぎたら、セックスを再開し、射精しそうになったら繰り返します。
スタート・ストップ法は、射精しそうになったら動きを止め、ピークが過ぎたら動き始めるという方法です。
どちらの方法にするかは経験を重ねてから試してみましょう。

早漏トレーニング

この治療では主としてマッサージをすることになるのですが、射精をコントロールすることが目的のトレーニング法です。
トレーニングにもいろいろあります。
亀頭オナニーは露出した亀頭を刺激するオナニーのことで、亀頭の皮膚を鍛錬し、膣挿入時の刺激に耐えられることが目的のトレーニングです。

このトレーニングを行うときは、必ず包皮を剥いてからにしてください。
そうしないと亀頭の皮膚の鍛錬になりません。
他のトレーニング法として、女性の膣内に近い状態をカップで作り、カップを陰茎にかぶせ最初は弱い刺激でトレーニングし徐々に強い刺激にし、陰茎に強い耐性を作るトレーニング法もあります。

一事例で、それぞれの刺激段階でマスターベーションによる刺激に10分間耐えられることを目標に、週2回、6週間の期間設定しているものもあります。
早漏トレーニングは、訓練時間はかかりますが、実際に膣内での持続時間が長くなったとの事例があります。

時間はかかっても、お金をかけず、薬物に頼らずに症状を回復したい人にオススメします。

早漏の原因は「経験不足」だけじゃない

早漏の原因は「経験不足」だけじゃない

男性はなぜ早漏になるのか、未だに性医学上定説はありません。
しかし早漏は前立腺などの身体の変調や、ストレス蓄積などの心理的要因、また稀な事例ですが、甲状腺機能亢進症と関連していることは明らかになっています。

勃起不全の男性は、勃起能力を完全喪失する以前に早漏を経験している可能性が高いです。

これは研究者の中でも意見は分かれていて、伝的な要因を主張する研究者もいますし、脳内の科学的不均衡や受容体感受性の変化が原因という研究者もいます。
かつては、セックス経験が少ないために射精を急ぎすぎ、そのことが原因ではないかと言われていました。

しかし、今日ではそれ以前の男性の心理面での不安や過度のストレスが大半ではないかとの考え方が有力となっています。

セックス経験が少なく技術が不足している場合

この場合、セックスの際に陰茎が受ける刺激が強すぎて過敏に反応し、早漏となることが考えられます。
これは若い年代層に多く、経験を重ねるにつれて徐々に改善されることも珍しくありません。

男性器を女性の膣に挿入する際に、陰茎への刺激は、膣に挿入する直前直後に最高レベルに達します。
この刺激に対して、亀頭が過剰な反応を起こし、早漏になっている男性が多数います。
性感帯は人により異なりますし、亀頭以外の箇所が刺激を受けていることも十分ありえます。

自分の早漏を防止する氷魚上に効果的な方法があります。
それは、自身の陰茎でどこが一番過敏に反応するかを知っておくことです。
そして、その部分をマッサージし刺激に慣れさせると早漏に対して有効です。
亀頭以外の性感帯としては、亀頭の裏スジ、カリ、亀頭上部、陰嚢などです。

またどのような刺激に弱いのかも知っておくことも有効です。
情勢の唾液や精液、ローションなどヌルヌルした液体か、それとも皮膚と皮膚が擦れる摩擦か、それとも揉まれる刺激か、陰茎の根本を力強く引っ張られると弱いのか、自分が過剰反応を起こす刺激の種類を事前に把握しておくとよいでしょう。

把握できたらその刺激をペニスに与えることで、早漏対策になります。

セックスに対する不安感

心理的要因で早漏に至る場合もあります。

職場での業務多忙のため人間関係の疲れ、相手の女性との対人関係の不調などで性交時にどちらも満足感を得られない罪悪感や、相手の女性から交際を断絶されるのではないかという恐怖感等でストレスが蓄積します。マイナス志向です。

よく言われることですが、ストレスが蓄積すると脳内伝達物質のひとつであるセロトニンが不足します。
そして、ノルアドレナリンが過剰に分泌され、自律神経の一種である交換神経が活発となり、性的刺激への反応が高ぶります。

まず本人が第一にやるべきことは、職場や家庭でのストレスの解消です。
現在の自分自身の職場状況や家庭状況を客観的に把握して対処法を決めるべきです。
早急な対策が無理であるとしても、自身をマインドコントロールすることにより精神的負担が軽くなることがあります。

良くないのは、誰にも相談することなくふさぎ込んでしまうことです。
積極的に周囲の人や専門家と相談したり、相手の女性と対話したりして改善への道を開きましょう。

身体的に原因があることも

肉体のどこかの箇所で起こった障害か機能低下が原因で早漏になるケースがあります。
たとえば包茎です。
亀頭は男性の性感帯としてトップにありますが、その亀頭が包茎状態では、刺激を受けた際には過敏に反応します。

当然のことですが、早漏を改善するためには、まず包皮を剥き、亀頭の皮膚を鍛えなければなりません。
包茎といっても真正と仮性の二つがあるのですが、真正包茎は治さなければなりません。
真正包茎は亀頭が常に包まれた状態にありますから、手術し亀頭の皮膚をマッサージする必要があります。

仮性包茎は、特別に手術の必要はありませんが、本人の悩みが深刻な場合には手術するのもひとつの方法です。
手術には保険が適用され、手術時間は1時間以内です。
手術後は、常に皮膚を鍛えるように努めましょう。

また慢性尿道炎や前立腺の疾患などでも早漏が発症することがあります。
必ず医療施設で、担当医に症状の経過を詳細に説明してください。

加齢による筋肉の機能低下

一般的には、加齢や運動不足のため中高年になると筋力は衰えてきます。
陰茎は勃起時は性的な刺激には強いのですが、筋力が低下すると、勃起時の陰茎の硬さが不足し、性的刺激は陰茎内部の性感帯へ伝わり、早漏に至ります。

これは、衰弱性早漏と呼ばれ、主に射精を抑える筋肉である「射精菅閉鎖筋」が衰えることによる起こります。
そのため、「射精菅閉鎖筋」を鍛えることになるのですが、この筋肉を鍛えることは実は簡単ではありません。

射精菅閉鎖筋は、勃起時に働くPC筋の隣に存在し、PC筋を鍛えると射精菅閉鎖筋もある程度鍛えられます。人間誰でも高齢化しますが、その進行を訓練次第で遅らせることは可能です。

自分でPC筋を鍛えるには、まず肛門をゆっくり締めます。
次にきつく締めた状態で10秒後に一気にゆるめて5秒間休憩します。
この動作の繰り返しです。
これは短時間でできる簡単なトレーニングですから、是非おすすめします。

早漏防止薬は通販で購入可能

早漏防止薬は通販で購入可能

日本でまだ認可されていない早漏防止薬を買うには、個人輸入代行サイトでの通販が一番です。

基本的に海外医薬品を買いたい場合は個人輸入をすることになりますが、代行業者のサービスを利用すれば、面倒な輸入手続きをしなくても欲しい薬が決められた数量までまとめて購入できます。

買い方は普通のネット通販と同様です。
ホームページにアクセスするだけで、それこそ楽天やAmazonと同じ気軽さで買えるので利用しない手はありません。

個人輸入代行サイトには、その通販業者が取り扱っている医薬品が多数掲載されていて、その中から早漏防止薬を選んで購入するだけで、あとは届くのを待つだけです。

個人輸入代行業者は多数存在しますから、大事なことは悪質な業者を選ばないことです。語学に自身のない人は、日本語対応をしている業者あるいは日本企業の個人輸入代行業者を選んでください。また日本の個人輸入代行業者の場合は、厚生労働省から認可済みであることを確認しましょう。ホームページに記載してあります。

海外に拠点を構える個人輸入代行業者は、その国の規制当局から管理されていますから、その国で扱っている薬剤のみであるかどうかを確認することも重要です。また利用者の口コミや発送に当たっての注意事項など、内容の充実さも判断材料のポイントです。

早漏防止薬を通販で買う

国内処方は自由診療=全額自己負担

早漏防止薬は、日本国内では原則として認可されていません。
しかし一部の医療施設では構成労働省から認可されて、海外から輸入したプリリジーを販売しています。

日本国内では、厚生労働省が認可した薬剤は各種公的医療保険(健康保険・後期高齢者医療制度)が適用となり、また医師や薬剤師の診療報酬も適用されます。

そのため消費者の自己負担金額は、構成労働省が定めた診療報酬の20~30%となります。
しかし、厚生労働省の認可外の薬剤には公的保険および診療報酬は適用されません。
そのため薬剤の価格は医療機関の自由裁量行為となります。

したがって、その費用は消費者の自己負担となります。
一般論ですが、未認可の薬剤を使用する場合は、認可済みの薬剤を使用する場合と比較すると高額の治療費を負担しなければいけなくなる可能性もあります。

現状では大部分の早漏防止薬が厚生労働省の認可を受けていませんが、一部クリニックで海外からの早漏防止薬を輸入し処方することが許可されています。

ですが元々、生命に関わる症状出ないことから早漏治療は保険外診療すなわち自由診療となり、全額自己負担になってしまうデメリットも無視できません。
大部分のクリニックは費用をホームページなどで公開していますから、実際に診察を受ける前に確認した方がよいでしょう。

薬局、ドラッグストアでは取り扱いがない

早漏防止薬は、効果の高い医薬品のみが指定される「医療用医薬品」ともいわれています。
効果が高い薬剤のため副作用も発現することがあり、医師の判断が必要になる薬で、医師が患者を診断し処方、処方せんに基づいて調剤薬局で薬剤師が調剤して渡される仕組みとなっています。

そのため、早漏防止薬は一般薬局やドラッグストアで購入することができません。
一般薬局やドラッグストアで購入できる医薬品は「一般用医薬品」といわれています。
「医療用医薬品」は、長年使用され、副作用の心配がなくなると、「スイッチOTC薬」といって、一般薬局やドラッグストアで購入することが可能です。