早漏とはどういった症状か

早漏とはどういった症状か 早漏の原因

性行為において女性の膣内に男性器が挿入後、直ちに射精してします早漏(そうろう)は、多くの男性が悩んでいる最も多い症状です。
早漏は、男性自身によって射精をコントロールすることができず、意思に関係なく早く射精が起こる性機能障害として知られています。

成人男性の約30%で早漏の症状が見られているといわれ、自分自身やパートナーのストレスになり、自信の喪失やパートナーとの不仲につながるようです。
性に対する経験不足も早漏の一つの原因ですが、他にもさまざまな要因があります。

そこで注目されているのが早漏防止薬で、陰茎への刺激における過敏反応を緩やかにし、精神的なストレスを軽減させることで早漏の予防に効果的に作用します。

現在では、内服薬、外用薬、サプリメントなどさまざまな種類が販売されており、効果の違いや生活環境に合わせていろいろと選ぶことができます。

早漏症の症状とは

これまで早漏とは曖昧な定義で、「挿入後早期に射精すること」でしたが、現在では、国際性機能学会(International Society for Sexual Medicine:ISSM)が、客観性や科学的事実や根拠に基づき定義を明確化しました。

早漏症は、大きく原発性と続発性の2つに分類されています。
原発性早漏症とは、もともとの早漏をいい、その診断基準の1つは、膣への挿入前に射精するか、もしくは膣への挿入後1分以内に射精することを指します。

一方、続発性早漏症とは、それまでの性行為において何も問題なかった人が早漏の症状を示すようになり、挿入前の射精や膣への挿入後3分以内の射精が判断基準の1つになります。

詳細な定義があるものの、どちらもパートナーが満足する前に射精する事実は同様で、広い意味でどちらも早漏といわれます。

早漏の診断基準

ISSMの定義では、早漏は性行為において膣への挿入前での射精、または挿入後1分以内での射精であり、どちらも自分の意思に関係なく射精する状態を指し射精を自分でコントロールできないことで、精神的なストレスを感じて性に対して引け目を感じ避ける傾向が見られることを言います。

早漏の診断には3つのポイントがあります。
1つ目は膣内への挿入から射精が起こるまでの時間、2つ目は射精に関して自分でコントロールしている実感があるかないか。
3つ目は早漏だと自覚した時、精神的な苦痛を感じているかどうかが、早漏の判断になります。

もう少し詳しく解説すると、性行為において膣内への挿入から射精が起こるまでの時間が1分以内の確率が75~100%の範囲、または膣内に挿入する前に射精する状態が6ヶ月以上続いている場合を早漏として判断します。

さらに男性自身が射精をコントロールできないことを自ら精神的に追いつめられ、不安や苦痛を感じている状態や、その他の要因となるような身体的な原因が見られないことなども、早漏の判断基準の1つとして考えられています。

精神的な不安や心配、苦痛などのストレスは、個人差があり客観的な判定が困難な場合があるため、心因的ストレスを数値化する「早漏診断ツール」が知られています。
ストレスの度合いを測定するために、質問形式で5段階の回答を行うことで、数値化することが可能で治療や診断に役立てられています。

パートナーへの挿入時間

そもそも挿入時間に基準はあるのでしょうか。性行為自体、人それぞれであり、挿入時間に違いがあるのは明らかです。

性行為にかける時間も、短い行為を求める人もいれば、長時間をかけて行うことを好む人もいます。
若いカップルなどでは、経験不足から性行為にかける時間は短い傾向にありますし、歳を取れば、若い頃に比べて勃起や射精に時間がかかるようになります。
週末などゆっくりとした時間があれば、性行為自体も長くなるでしょう。

長い時間、性行為をしたといっても、実際に男性器を膣内に挿入してから射精するまでの時間はもっと短くなります。
科学的に性行為の時間は、膣内への挿入から射精までの時間を指し、前戯やふれあいの時間などの性行為を含めると人によって大きく違い時間が異なります。

2005年に世界5カ国の500組に膣内への挿入後、射精するまでの時間を調査した結果では、平均5.4分となっています。
これは男女のカップルでの回答であり、そのまま同性愛者に適用できませんし、また日本人男性の平均ではありませんが、1つの基準値として膣内挿入後5~7分持続すれば正常といえます。

女性を満足させられないのは当たり前

早漏に悩む男性にとって、女性を満足させることに自身が持てません。
では女性が満足する性行為の時間とはどの程度なのでしょうか。
2011年ISSMは、20歳から50歳の女性1,463名に対して、性行為に対するアンケートを7年かけて実施しています。

約7割の女性が性行為を大切なことだと実感しており、膣内の挿入希望時間は、平均23.2分となりました。
また、早漏で早く性行為が終わった後、男性がパートナーである女性に気を止めないことに不満を感じている方が多いようです。

また、2005年に東邦大学医学部で実施された「日本人の夫婦300組における性生活に対する一般調査」の結果では、膣内への挿入希望平均時間は、15分となっています。
同様に2006年に大手コンドームメーカーのデュレックス社が実施した調査では、26カ国26万人の方が、挿入時間と満足度について、56%の女性が21分以上の性行為を求めていると報告されています。

しかし一方で、実際の性行為、挿入時間は、2016年に発表されたオーストラリアでのクィーンズランド大学におけるデータでは、世界500組のカップルにおける挿入から射精までの平均的な性行為の時間は5.4分となっています。

つまり、世界中の女性は膣内への挿入時間を長くしたいと望んでいますが、男性の性行為の継続時間は平均5分程度であり、女性を満足させるほど、射精をコントロールできる男性は非常にまれとなります。

自分は早漏だと悩まずパートナーとの絆を深めるために、お互い話合っていくことが大切です。